個人情報保護

 

日本気象予報士会 個人情報保護方針および個人情報取扱時の理念

 

●個人情報保護方針
  個人情報保護法その他関連法令等を遵守する。
  個人情報(個人情報保護法に定義する「個人情報」を言う、以下同じ)の利用目的をあらかじめできる限り特定し、法令に定める場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱わない。
  偽りその他不正な手段によって個人情報を取得しない。
  個人情報を直接取得する場合は、あらかじめ本人に利用目的を明示する。間接的に取得した場合は、速やかに利用目的を通知または公表する。
  個人情報の漏えい等を防止するため、個人データ(個人情報保護法に定義する「個人データ」を言う、以下同じ)を安全に管理し、従業者および委託先を監督する。
  個人情報の利用目的の達成に必要な範囲で、個人データを正確かつ最新の内容に保つ。
  個人データをあらかじめ本人の同意を取らないで第三者に提供することは、法令に定める場合を除き、原則としてこれを行わない。
  本会が保有する個人データに関して、本人から求めがあった場合は、遅滞無く、その開示、訂正または利用停止等を行う。
  個人情報の取扱に関して苦情が寄せられたときは、適切且つ迅速に処理しなければならない。
  

●個人情報取扱時の理念
一 個人情報については非開示を原則とする。

二 何人たりとも、個人情報を扱う場合、他人の所有物である認識を持つこと。

三 個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものであることにかんがみ、その適正な取り扱いが図られなければならない。

 

ページトップへ戻る