長期予報利活用研究会

長期予報利活用研究会は、長期予報技術を習得しその技術の活用方法を研究することを趣旨に、「長期予報利活用研究会」を立ち上げ、2005年5月21日に有志親睦団体として日本気象予報士会の認定を受けました。

2005年6〜10月に「長期予報についての基礎講座@〜C」を行い、酒井 重典さん(日本気象予報士会会長)を講師にお招きしました。酒井さんは、気象庁・長期予報課に長い間勤務され、「アンサンブル予報 新しい中・長期予報と利用法」(東京堂出版) を執筆されました。この本は季節予報を研究していく上で、大変参考になる書籍です。そして、当研究会発足にあたり長期予報利活用研究会の顧問にご就任いただきました。当研究会では、2006年1月27日、日本気象予報士会 長期予報利活用研究会 会員規約 を制定(2006年9月9日に改正)し、活動を本格化しました。

気象は、日常生活、経済活動、そして地球環境を考える上で大きなファクターです。2012年の夏は、九州北部や近畿地方では豪雨による災害が発生したり、熱中症により救急車で搬送された件数が過去最高となったりした状況でした。季節商品や農業などの産業にとって、天候は利益や損失をもたらしています。そこで、季節予報を研究し利活用することは産業にとって大きなメリットをもたらす可能性があると考えています。

近年、気象庁のアンサンブル予報は次第に精度を増してきており、これからはきっと「週間予報・1か月予報の時代」がやって来るものと思っています。

当会では、アンサンブル予報技術を研究しながら、予報の利活用について考案しています。週間予報や1か月予報を中心に研究し、紅葉予想や旅行者への情報提供、経営者へのコンサルティングの在り方、さらに長期的な地球環境について考え、エコロジーなライフスタイルの提案もしています。ほか、市場開発、データ収集、海外長期予報事情調査、ビジネスモデルも研究しています。それから、アンサンブル部会では「気象と音楽」と題し、音楽を演奏したり聴いたりしながら気候変動について語っています。

また、2013年度に「山岳気象部会」「台風部会」を発足しました。こちらでは、MLを中心に情報交換をしながら研究を進めております。さらに、2014年度に「古季(記)録部会」「データ分析部会」が誕生しました。

全国200人もの会員と共にアンサンブル予報の利活用方法を研究しましょう!

各研究部

技術部会 アンサンブル予報技術と利活用の研究、予報資料の読み方・季節予報検討会データ収集・季節予報の評価検証、海外の季節予報や長期予報事情調査
旅行部会 旅行者への気象情報の提供研究・雨雪判定
旅行部会HPはこちら
環境気候研究部会 長期的な地球環境について考え、エコロジーなライフスタイルの提案
市場開発部会 気象と経済 天候と経営 コンサルティングの試み(経営者への情報提供方法の研究)
ビジネスモデル研究
アンサンブル部会 気象と音楽
山岳気象について、登山計画に週間予報を活かす
台風とアンサンブル予報、気候変動と台風
古季(記)録部会 歴史事象と気象、気候変動
データ分析部会 ビッグデータの利活用

最新の1か月予報と異常天候早期警戒情報(気象庁)

気温、降水量、日照時間の平年差・比(この1週間・2週間・4週間;気象庁)